カテゴリー「diary/日々雑記」の記事

よい年をおむかえください

クリスマスのショーウィンドウは、ロマンティックです。個人的に、日本橋界隈の百貨店にはこどものときの幸福な思い出がつまっている、というたいへんセンチメンタルな要素がふくまれていることもあるのですが。

今年はあまり出歩かなかったので、これぞ! というイルミネーション写真などは撮れなかったのですが、ドール好きのみなさまにもおすすめできるかな? というすてきなクリスマスのショーウインドウをいくつかご紹介します。

20111226_1

ライオンがリードボーカルをつとめているゴスペル合唱団(たぶん)。

20111226_2

ライオンは回転しているんですよ。スゴイ衣装です。

20111226_3

同じ通りに面したLVさんのショーウインドウは、上記のショーウインドウと関連性をもたせていました。サーカス風。

20111226_4

以上はこのライオンさんがシンボルの、日本橋三越でした。昼間撮ったのと、節電で補助のライトを消しているので、反射しまくりで残念な写真になっちゃいました。

こうしてみると、入口のライオンさん、かわいい顔していますね。ロンドンのトラファルガー広場のライオンが原型になっているそうですよ。

20111226_5

こちらは銀座三越の宝飾店のディスプレイから。白いリボンじゃないのがちょっと新鮮? 縦にきれいなショーウインドウだったのですが、周囲に人がたくさん立っているので、おみせするのはこれが限界。回転木馬なのですが、わかりますでしょうか。銀座店、昨年はドールファンをうならせる球体関節なショーウインドウだったのですが、今年はいたってふつうでした。

20111226_6

今年イチオシはこちら。松屋銀座の地下通路のショーウインドウです。ドイツの手作りおもちゃとぬいぐるみがたまりません。

20111226_7

まるまるとしたリスが! 商品を商品としてではなくて、ヨーロッパのしずかなクリスマスを演出する小道具にしているところがすてき。

20111226_8

テディベア展がひらかれていたので、こんなディスプレイも。高い位置にある窓なので、あきらかに大人向け。

20111226_9

シュタイフのくまさんたちです。なんか、こう、きりりとしていました。

年内の更新はこれでおしまいになりそうです。よい年の瀬をおむかえくださいませ。美しいもの、かわいらしいものをやさしい気持ちで愛でられる、そんな時間を多くの人がもっともっと持つことができますように。

| | コメント (0)

クリスマス・パーティ

20111223_00

ドールイベントのレポート中でしたが、もうクリスマスがきてしまいましたので、おともだちと撮影会をしたときの写真をさきに。テーマはクリスマスパーティ。

20111223_01

みんなおもいおもいのかわいらしい装いで、パーティ会場に集まったのです。

20111223_02

うちからはNomaが。さっそく犬とあそばせていただきました。

20111223_03

おしとやかなお嬢さんたちがツリーのまわりでプレゼントをあけています。

20111223_04

ツリーのまわりはこんなかんじ。きれいなおねえさんも一緒です。

20111223_05

片足だちのポーズがかわいらしいです。あ、ドールのオーナーさんたちのお名前は、割愛させていただいています。

20111223_06

SFさんとPFは一緒にいてもあまり違和感がありません。

20111223_08

うちのMayちゃんは、あこがれの白いMayちゃんと一緒に。あいかわらず、男の子のようなかっこうで失礼します……。

20111223_09

最後に、みんなで。にぎやかなクリスマスパーティになりました。

クリスマス飾りは、日本ではだいたい25日の夜になると片付けがはじまってしまいますが、それは正月飾りをつけるためだと思われます。欧米では十二夜といって、お正月あけまで飾りっぱなしです。クリスマスは家族としずかに祝い、お正月はわいわいパーティ、ってことも多いので、年内はクリスマスねたをひっぱろうかと。

| | コメント (0)

ひと夏の思い出

今年前半のBF社はまさかのビッグサイズ、新ボディ、新ヘッド、ヘッドリニューアルがあって、さらに限定ドールやコラボドールなどでたいそうにぎやかでした。これでしばらくは静かなんだろうなあと思っていたら、まさかの日焼け肌限定! びっくりしたので公式画像を貼らせていただきます。

20110830

(c)Blue Fairy All rights reserved

褐色肌って、いいんじゃないかとは漠然と思っておりましたが、こんなにすてきなんですね! 男の子ボディでもみてみたいですが(かっこいいだろうなあ! 男の子なら、もっと濃くてもいいかな?)、とりあえずはセクシーな女の子で見ることができて、すごくうれしいです。

20110829

(c)Blue Fairy All rights reserved

アイラインがしっかり目元まではいっていて、下睫毛に勢いがあります。このところ二重睫毛の限定さんがつづいていたので、太い下睫毛はなんだかなつかしい! それにしてもかわいいなあ。夏の終わりに、ひと夏の思い出ってかんじなのかな。

色の濃いキャストは色ムラがでたり、気泡がめだったり、パーティングラインが消えにくいなど、ほかのメーカーでもよくその品質が問題になっています。だから、腕や首のパーティングラインが心配だったりするのですが、このかわいさなら、多少の瑕瑾(かきん)はゆるせてしまうなあ。

ごくごく個人的な好みですが、Jerome&Kyle、Niky、Jasmineあたりでこの肌色の限定をみてみたいです。とくにKyle……。

| | コメント (2)

コラボ・ドール

201106fh1

先日、ドールチック+の帰りに、フェアリー・ハウスに立ち寄りました。写真OKでしたので、画像を貼っておきます。

白いライトをあびていたので、白っぽく写っていますが、実際にはもう少しふんわりした肌色です(お店によれば、薔薇肌だとのこと)。あと、公式サイトにあがっている写真と、右のSomangちゃんが着ているお洋服の、ドレスの着せ方がちがっています。公式の写真だと、骨(クリノリン)の部分を外に出しています。骨を外側に出して着るほうが、クチュールっぽい、かなあ。個人的には、ガーターベルトつきのかわいい靴下にクリノリンだけ、というマニアックなスタイルをどなたか……。あ、自粛します。

201106fh2

うわああん、白飛びしてしまいました。救済できるレベルではなかったです、すみませんっ。眉がない人みたいになってますが、そんなことはないです。きれいなコラボ限定でした。

左がRobin、右がSomang。服のテーマはスチームパンクだそうです。架空十九世紀末っぽいかんじ? ドールがBlueFairy社、お洋服がSOOMというコラボ・ドールで、SOOM社の日本支店、フェアリー・ハウスで本日まで注文受付中です。フェアリー・ハウスの実店舗が七月で撤退するので、受け取りが郵送のみになります。

やはりドールが同じでも、衣装がちがうと雰囲気がずいぶんかわりますね。

201106fh3

アイがSOOMのシリコンアイなので、かなり新鮮です。衣装とウィッグの効果もあるのか、この限定Robinはきりりとしてみえました。

| | コメント (0)

閑話休題

Sarang009

天気悪かった日に撮ったSarangちゃん。この子、肌が白くて飛びやすいのでちょうどよかったのかも。

Sarang010

ほんのり薔薇色で、いかにも女の子ってかんじです。このスタンダードについてくるアクリルアイの色が好きで、替えられないでいます。我が家の制服の子はみんなアクリルアイのまま。アクリルアイがキャラクターの一部になっていて、替えられないんですよ……。

Sarang011

小首をかしげてみたりとか。

Sarang012

あー、とんでるとんでる。

Sarang013

おととし、このホワイトスタンダードが出た頃には、正直、いまみたいにつぎつぎ限定が出るとは思わなかったです。ラストチャンスかと思っていたくらいだから。この子をみるたび、しみじみしたりして。

ドールをみて、この子のときは円高、この子のときは円安とか、ふりこみにまつわるエピソードや為替レートまで思い出されるせつなさ。これから先、電気代や消費税がガツンとあがりそうだし、いまが一番いい時期なのかもしれませんね。

Sarang013_2

週末、Sora*Iroカフェにいってまいりました。限定ドールといっしょに写真をとったり(ダイアナさんといっしょにマトリョーシカごっこ、やりましたよー)、ウィッグや靴の即売があったり、あとはまったりBFばなしして、たのしかったです。相席になった方がすごいかわいいチョコオリーブをつれてきてくださったので、個人的に大変どきどきしました。一緒にたくさん写真を撮りすぎてしまったので、こちらは後日……。

Sarang014

あと、先日レポートした原宿のフェアリーハウスさん、閉店が決定したけど、前からきまっていたBF社とSOOM社のコラボ、やるそうです! SOOM社公式から店舗ブログにいくと詳細がみられます。衣装とウィッグがSOOMで、ドール本体はBF社、メイクエステベベさんなんだそうですよ。薔薇肌企画は過去美人揃いというイメージがあるので、すごい美人がみられるかも! 今週末から店頭に見本がならぶといいな? みたいな状態らしいので、たのしみたのしみ。(男子限定も出るそうです。)

| | コメント (0)

あなたのダイアナ

Di00

先週、BF社の新作ドールが国内のショップ、Sora*Iroでみられるというので、ひとっぱしりカメラをかかえていってまいりました。公式サイトでアップされた予告写真だと、ちょっとくちびるのかんじがいつもとちがうMayちゃんだな、という印象しかもたなかったのですが、じつはサイズが根本的にちがっていたのです。TFが40センチくらいだとすると、新作は60センチクラス。ボークスのSD少女が58センチくらいなので、それより少し大きいというではありませんか。

大きさは自分の目でみないと実感がわかないので、まずは実物をみてみようと……。いってみたら、おどろきました。かわいい、そしておおきい。TFがSFサイズになったかのような……。

Di01

さっそくですが、お顔拝見。お店についたのが夜だったので、ちょっと写真がくらくなってしまいましたが、それでもかわいい! Mayそっくりの彼女は、「Diana」といいます。

Di06

こちらの彼女もやはり「Diana」。

Di07

ふたりならんだところ。左が「I am Diana」、右が「Your Diana」。衣装とウィッグの構成がちがうだけで、メイクは同じだそうです。

Di05

全身です。ガラスのうつりこみが残念なかんじ……。オフホワイト系の衣装がいかにもお人形さん風でかわいかったです。ドロワーズのうえにアンダースコート、さらにワンピをかさねているのでかなりボリューム満点です。一枚で着たらサマードレスっぽくなってかわいいかも。左のほうは、このうえにさらにマリリンモンローみたいなドレスを重ね着するのですが、それだとボディがわかりにくいので、この展示ではぬがせているっていう説明をうけました。質問すると、きっとお店の方がみせてくださいますよ。

Di02

私は前髪ありのほうが好きなので、こちらの「Your Diana」のほうが好き……って、写真をみつめていると、「大きい子はよしておこう」という理性がだんだんきかなくなりそうでこわいです。

Di03

写真ばえのする、じつにはなやかな雰囲気のお嬢さんです。

この子の目はアクリルアイの20ミリだそうで、我が家のSDたえさんの目を16ミリにしているいる私にとっては「え?」というくらいのスケールですが、とにかくかわいい。

Di04

もういっかい正面バストショット。ボンネットで顔に影ができているので、明るいときにもう一回いきたいな。Robinちゃんは六月にならないと届かないので、キケンですよ、キケン。

Di08

大きさを比較する写真をとっておけばよかったです。この写真で左右にちらりとうつりこんでいるのがTFです。遠近感が、なんだか狂う……。

Di09

Dianaさん、最初はRobinちゃんかもなんてウワサも某つぶやき系SNSにおいてあったんですが、ちがったんですよー、というかんじでうつむいてました。私には、RobinちゃんはJeromeの目+Mayの口元にみえるのですけれど。ほっそりしたフェイスラインがいまどき?(2010年代の顔……。)

Di10

ラスト、もう一枚。かわいいっ。30日の17時まで、公式サイトとSora*Iroショップで予約受付中です。

Sora*IroさんにはSora*Iroワンオフがきていました! すでにショップに飾られていて、これがすばらしくてまた一見の価値ありです。まだ詳細があきらかになっていないので(何日ごろまで展示とか、入札方法とか)、こちらは後日。

| | コメント (0)

インターミッション

ドールショウのレポートの最中ですが、衝撃の告知があったので、公式画像をはっておきます。あとでみたときに、こんなこともあったよね、と、なにかの記録になるかも?

20110522_bf

2011年5月22日にSora*Iroさんの店舗でお披露目がきまった限定ドール、「Guess Who I am」です。名前や詳細などは後日発表ということでしたが、21日に小規模で先行お披露目があって、そこに幸運にもいあわせた方々のおはなしによると、どうやら「TFサイズ」ではなかったらしいのです。

おもわせぶりな限定名といい、「TF May」のようにも「TF Robin」にもみえるという前評判。なんだかおどろくべき正体が、もうじきあかされようとしています。私はTwitterで正体を知ったのですが、店舗にいく&サイトでの公式発表(25日夜)まで楽しみにしておきたい方もいらっしゃると思うので、これ以上は……!

| | コメント (0)

お見舞い

東北関東(東日本)大震災で亡くなられた方々のご冥福と、被災された地域の方々へのお見舞いを申し上げます。また、つづいておきた原発事故で避難されている方々へ、心からのお見舞いを申し上げます。

被災の規模が大きすぎ、あまりにも悲しみが大きすぎました。そして、原発のこと……。誰にも正しい答えを出すことのできない、危機的状況。そしてぬぐうのことのできない不安。なんだか、この一週間、停電の合間をぬって職場に通ってはいましたが、どこかぼうっとしたようなかんじでした。

日常は徐々にもどってきますが、もうもどってこない、美しい大切な人やものや自然がたくさんあります。それを認めることは、とてもつらくかなしいことですが、そこから目をそらしてはいけないのだと思います。そして、あわてずわさがず、自分にできる範囲で、できることを、たんたんとやっていこうと思います。

そんな日々のなかで、ドール趣味はいささか現実逃避的な趣味かもしれませんが、自分にとって、あらためて大事な趣味であることを再認識いたしました。あまりにつらいことがあると、人間はなにもうけつけなくなります。でも、すぐにきっと、きれいなものやかわいいものをみたくなる。そして、それはきっとなにか大きな力をくれる。だから、これからも、つたないブログではありますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ふっとんだお人形を心配してくださったIさん、ありがとうございます。みんなふとんにくるまれていてたので無事でした。唯一、メイクの旅にでかけていたのでヘッドだけになっていたたえさんが、帰国後机の上においてあって、その上に何か重いものがおちたようなのですが、ESTEBEBEさんのプラスチックケースにはいっていたので、そのケースが割れただけですみました。

Tae067

写真は、そんなたえさんを、先日片付けの途中でボディにつなげたところ。なんか、背景があまりにもあれなので、ごまかしています。

Tae068

とりいそぎ、片手に持って撮影……。たっぷり時間をかけて撮りたいです。

もって逃げられない、モノが好き……とマニアの悲しみをうたったのはムーンライダーズですが、なんだか耳が痛いのです。

| | コメント (4)

大地震

Pf001

昨日は、東北太平洋沖で巨大な地震がありました。東北では津波や火災で深刻な被害が出て、しかもその全貌がまだわからない状態ですが、とにかく、正確な報道、正確な情報の提供、そして的確な支援がなされることを心から祈っています。

私は東京在住なので、職場で生まれてはじめての大きな揺れに遭遇しました。高層階が舟のように揺れ、余震がくりかえされるたびに建物がぐるぐるまわるような……。幸い、いろいろなものがふっとんだわりに深刻な被害はなかったのですが、近くのビルでは窓ガラスが割れ、路面に四散しました。

そして、鉄道がとまり、あやうく都心で帰宅困難者になるところだったのですが、都営地下鉄と東京メトロ、そして私鉄各社が、震度5のあとであるにもかかわらず、少しずつダイヤを復旧させ、そのうえ夜を徹して運行しつづけてくれたおかげで、安全に無事に帰宅することができました。感謝するのみです。

Pf002

部屋は、やはり箱ごとふっとんだ子(ドール)がいて……。本のようなものは重いので、案外だいじょうぶだったのですが、ドールは軽いので、勢いよく棚から飛び出してしまったようです。箱のなかで布団にくるまっているので、だいじょうぶだとは思いますが、ちょっとぼおっとして、まだ片付ける気にはなりません。(写真は以前に撮ったものです)

夜が明けて、深刻な状況が刻々と報道されています。無駄な電力はつかうなという報道もあるので、このへんで。みなさまのご無事と、おだやかな生活が一日もはやくもどることをいのりつつ。

| | コメント (2)

ジャンクとはいうけれど

お正月休みは行事が多くて、なんだかあっという間に終わってしまいます。年末にちょっとおもしろいイベントにいきましたので、そのレポートなどをすこし。

Junk1

科学技術館で開催されたスーパー/ジ/ャ/ン/ク/ショーです。年二回開催されるアメリカン・コレクタブル(アンティークよりちょっと新しめの、ってかんじの言葉です)を中心とした骨董市で、安いおしゃれ雑貨が放出されたりするのと、客層が比較的若いのが特徴です。

これは、デッドストックのヨーロッパ製手芸用品を扱っていたお店の写真。このセット、そのままドールセットみたいでかわいいなあ。手芸品店の什器(じゅうき)だったのでしょうか。

Junk2

こちらは英国ロイヤルファミリーを特集していたお店。若き日の女王さまグッズはエレガントかつ、ラブリー。

骨董好きの友人につれられていった、はじめてのイベントでしたが、いってみたらかなり楽しめました。コレクタブル、というだけあって、アメリカやヨーロッパのおもちゃがたくさん。カラフルでなんだか見た目が楽しいです。これ、家にあるぞ、みたいな雑貨もあれば、まったく用途がわからないようなものもあって、それがまた楽しい……。

あと、ドール趣味とは別種のコレクターさんを拝見するのがなかなか新鮮だったり。

Junk3

なにも買うものはないでしょう、と思っていたら、これにぶちあたってしまいました。なんですか、これは。答えは、折りたたみました。おまけに、PFの写真が二枚あります。

続きを読む "ジャンクとはいうけれど"

| | コメント (5)

より以前の記事一覧