« 限定ミニチュア本 | トップページ | サイト近日公開します »

睫毛のつけ方 その2

前回ご紹介したマスキングテープを使った睫毛のつけ方、道具や詳細について説明写真を撮りましたので、補足します。あくまで、いろんなつけ方のうちの一つでしかありませんが、ご参考になれば幸いです。今回、お人形写真はありません。

ブツ撮りなので、ちょっと手抜きしています。光っているのはフラッシュではなく、手元を照らしているライトです。細かい作業は明るいところで!

Eyelash01

青いほうはボークスで売っている300円のSD用。手前黒いほうは人間用です。人間用は密度のあまり濃くない、ナチュラル仕様のものを選びました。

眠りっ子には目の部分にスリットがはいっているだけなので、このいずれでもない、もっと短かめで毛先の細いものをおすすめします。

Eyelash02

これがタミヤのマスキングテープ(カートリッジ入り、細幅6ミリ)です。マスキングテープはプラモデルに塗装をしたことのある人なら知っている工作用テープですが、意外と認知度が低いかも、と思い写真を撮ってみました。こういうものです。タミヤのまわしものではありませんが、タミヤの工作ツールはすぐれものが多いですよ~。

模型工作の専門店にいけば、カートリッジ入りで300円しなかったはず(おそらくボークスにもおいてあります)。詰め替え用なら120円くらいだったかな? 太いのしか売ってなければ、細く切って使えます。

Eyelash03

青い睫毛の後ろに写っているのが「メイ」の目の幅に切ったマスキングテープです。ドールの目の幅を立体的に測るときには、糸かなにかを目の際に沿わせて測ると便利です。

こうしてみると、小さいけど、人間の四分の一ではない……大きい目ですね!

Eyelash04

睫毛を切ってマスキングテープに貼ってみたところ。正面を向いているほうがテープの糊面です。睫毛は台にくっついていた面をテープにぺたりと貼ります。(青い睫毛は無視してください。)

Eyelash05

ひと組貼ってみたところ。まだ幅の微調整はしていません。

Eyelash06

上の写真との違いがわかりにくいですが、手を加えています。奥のほうは睫毛の付け根をビューラーで折るくらいの勢いでぎゅっとはさみこんで上向きになるように角度をつけてあります。手前は比較のためそのまま。この付睫毛はもともとカールがしっかりついているので、あまり差がでません。

マスキングテープがまぶたの裏側でよりしなやかにまがるように、テープに切り込みもいれてみました。

ここまで撮ったところで眠くなったので、作業終了。どちらのメイちゃんにつけようかな。

|

« 限定ミニチュア本 | トップページ | サイト近日公開します »

faq/よくある質問」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/202545/40192875

この記事へのトラックバック一覧です: 睫毛のつけ方 その2:

« 限定ミニチュア本 | トップページ | サイト近日公開します »